体臭の予防

体臭の予防

体臭の予防1(身体を清潔にする)

体臭を予防するためには、さまざまな方法があります。その体臭の原因によっても予防の方法は異なってきますから、まずは、体臭の元となっている原因を突き止めなくてはなりません。
体臭の予防

 

最初に、一般的に汗くさいと言われる体臭を予防する方法をお話いたしましょう。汗というのは、人間であればどなたでもかくものです。それなのに、汗くさいかたと、ほとんど無臭のかたとがいるのは、どうしてなのでしょう。

 

確かに、汗の量が多いかたと少ないかたはいらっしゃいます。ですが、多いからといって汗くさいわけではありませんし、少ないからといって匂わないわけでもありません。

 

一般的に、汗くさい匂いと言われているものは、体内から出る汗と、皮膚の表面に常にいる雑菌とが反応して出る匂いでもあります。ということは、皮膚の表面をいつも清潔にしていれば、汗が出てきてもそれほど匂いを発することはない・・・ということになりますね。

 

近頃では、通常の石鹸だけでなく、さまざまな匂い対策のための石鹸も販売されています。身体用のほかに、足に特化したものなどもありますね。また、殺菌効果の強い石鹸もありますし、香りが良いものなどもあります。健康な皮膚そのものが弱酸性であることから、洗浄剤も弱酸性にしているものもあります。

 

さまざまな工夫がなされた商品がたくさん販売されていますから、あなたに合った匂い予防のための洗浄剤が、きっと見つかると思います。

 

ご近所で見当たらない場合には、インターネットで探してみるのも良いですね。

体臭の予防2(食事内容に気を配る)

体臭というのは、身体の中から匂ってくるものも多いです。そういった体臭
のもととなるのは、なんらかの病気であったりする場合もあるのですが、そ
れ以外では食べ物が原因となっている場合が多いです。
と、言いますのも、人間というのは食べたものをエネルギーに変換して生き
ていますから、人間の身体そのものが食べたものから作られていると考える
べきでしょう。そうしますと、おのずと体臭の原因は食べ物にもあるという
ことがわかりますね。
食べ物に気を配ることは、体臭の原因ともなる根本的な部分を改善すること
でもありますから、これは強力な予防であるとも言えるでしょう。それでは、
いったいどのような食べ物が体臭の原因になるのかをお話いたしましょう。
まず、強い香りや味のする香辛料。これは、非常に体臭に影響いたします。
日々のお料理に香辛料をたくさん使用する国へ行きますと、みなさん、体臭
も強いですから、すぐにこれが事実であるということがわかると思います。
日本人は、たまに強い香辛料のお料理を食べることもあるでしょうが、毎日
ではありませんから、これが原因になっているケースは少ない方だと思いま
す。

ニンニク、ニラ、キムチ等々、お好きなかたは多いですよね。これらの食品は、匂いがキツイと言われながらもパワーが出るとされていることもあり、
頻繁に食べるかたも多いと思います。
もしも、体臭が気になっているのでしたら、少し控えめにするなり、食べる間隔をあけることが体臭の予防にもなるでしょう。

 

また、ニンニクやニラなど、匂いの強い食べ物に関しましては、言うまでもないことかもしれませんが、それ以外の、一見それほど匂いなど発していないように思える食べ物や飲み物であっても、体内に入ると体臭の元となる飲食物がけっこうあります。

 

例えば、動物性タンパク質はその代表的なものですね。特別、嫌な体臭というわけではありませんが、動物性タンパク質を多く食べる国の人々は、日本人にはあまり多くない種類の体臭を発しています。

 

海外旅行へ行きますと、外国のかたがたの側で、そのような体臭を感じることが多いのではないでしょうか。

 

それは、我々日本人とは食べ物が違っているということでもあるのです。動物性タンパク質と言いますと、主なものとして肉類、チーズやバターなどの乳製品が思い浮かびますが、これらの中には体臭の原因となる脂肪がたくさん含まれているのです。

 

もちろん、脂肪自体は、大切な栄養素でもあるのですが、多く摂りすぎることによって、過剰な脂肪が血液によって運ばれ、皮脂腺などから外部に排出されてしまいますので、それが体臭の原因になるわけです。

 

体臭の予防

 

確かに、肉類など動物性タンパク質を多く摂る国の人々は、少し脂っぽいような匂いがすることがあります。もちろん、そのような国にもベジタリアンのかただっていますし、肉類や乳製品を好まないかたもいらっしゃいますから、全員に当てはまるというわけではありません。

 

しかし、日本人であっても動物性タンパク質を摂り続けることで、このような体臭になってゆくのは明白ですから、予防を考えるならば極力これらの食品を摂らないことです。

 

体臭の予防として控えめにしていたところが、身体も健康になって一石二鳥という結果になるのも楽しみですね。

体臭の予防3(緑黄色野菜を摂る)

もともと匂いが強い食べ物や、香辛料、そして動物性タンパク質などを多く摂ることによって、体臭が強くなるのは紛れもない事実です。身体の内部からの体臭を予防したいのであれば、これらの飲食物を出来るだけ控えめにするのが一番の方法でしょう。

 

しかし、完全に食べない・・・ということも、多くのかたにとっては苦痛であり、ストレスにもなることでしょう。

 

そうしますと今度はストレス臭などに悩まされることにもなり兼ねませんから、何かほかの方法はないものでしょうか。

 

匂いの強い食べ物や動物性タンパク質を出来るだけ控えめにすると同時に、緑黄色野菜をたくさん食べるという方法をお勧めいたします。何故、緑黄色野菜がお勧めなのかと申しますと、野菜には余分な脂肪を包み込んで排出してくれる働きがあるのですね。

 

体臭の予防

 

もちろん、それだけであれば淡色野菜であっても構わないのですが、緑黄色野菜のように色が濃い野菜は、栄養もたくさん詰まっているからです。

 

余分な脂肪を包み込んで体外に排出してくれるということは、つまり、余分な脂肪が血液中に入り込んでやがて汗とともに体外に排出されるのを阻止してくれることになりますから、これで体臭が抑えられることになりますね。

 

それとともに脂肪の取りすぎは健康にも大変な悪影響をもたらしますから、その点におきましても野菜類を食べるのはお勧めです。

 

さらに、野菜に含まれているたくさんの食物繊維は、便秘の予防にもなります。便秘も長い間続きますと当然のことながら、体臭の大きな原因となりますから、常に予防しておくためにも野菜・・・とくに緑黄色野菜は食べるように心がけると良いでしょう。

体臭の予防4(間食をしない)

間食は体臭のもとにならないと思っていらっしゃるかたが多いですが、ケーキなど洋菓子類を多く食べるかたは要注意です。洋菓子類には、バターや生クリーム、卵などの動物性タンパク質や脂質がたくさん含まれています。

 

ご飯のおかずと違って、お菓子になってしまいますと、そういうことに気付かないかたがたくさんいらっしゃいます。しかも、お菓子になってしまうと、どのくらいバターや卵を使用しているのかまったくわからないまま食べてしまうことになりますね。

 

お菓子作りが趣味だというかたであれば、だいたいの予測はつくでしょうが、ご自分で作ったことがないかたは、どのくらいの量が使われているのか見当もつかないでしょう。

 

たぶん、ほとんどのかたが驚くくらい大量のバター、生クリーム、卵などが使われています。体臭にはあまり関係ないものの、砂糖の量も大量です。ですから、三食の食事に注意を払っていても、毎日のように間食で洋菓子を食べていますと体臭はなかなか改善されませんし、食事での予防には、まるでなっていないということになります。

 

体臭の予防

 

それでも甘いものを断つのは難しいですし、ストレスにもなってしまいますから、量を少なくするか、食べる間隔を空けるなどして極力、摂らないように心がけてください。

 

体臭のことだけを考えるならば、洋菓子よりも和菓子のほうが、体臭の予防としては効果的でしょう。

気になるサイト

 

 

 

顔のたるみ解消には、運動をお勧めします。 体も同様ですが、たるんだ肉を引き締めるには、筋力アップをして、皮膚を支えることで、顔のたるみなども解消することができます。 筋肉を鍛えると言うよりは、顔の場合は、筋肉を使うといったほうが良いでしょう。フェイスヨガで顔の筋肉をストレッチ|頬のたるみを解消しほうれい線改善. 表情筋が衰えると、頬がたるんでくるのはもうよく知られていますね。 過去の記事の中から、顔のたるみを引き締める顔ヨガのポーズをご紹介します。 □ほうれい線に ... 目の下にある下眼瞼筋を使うことで、その部分の筋肉に弾力が戻り、問題のたるみを改善する優れたポーズです。

 

 

 

ブルーライトの目の影響やPCメガネの本当の効果、PCメガネを使った目の疲れを軽減させる方法を紹介します。そもそもPC対応レンズを使ったメガネの仕組みは、どのようになっているのでしょう。液晶ディスプレイからは、さまざまな波長の光が出ています。中でも目の疲れに影響していると言われるのが、紫外線から可視光の青の領域の光です。そこで、メガネにフィルターをかけてこの部分の光を減らし、目への負担を軽減しようというのがこのレンズの仕組みです。簡単に言えばサングラスと同じ仕掛けです。実際のところ、大昔から「パソコン用サングラス」的なものはありました。